PAGE TOP

年齢肌とスキンケア

TOPPAGE > 私の母は、顔を朝洗う時、ソープや洗顔フォーム(ス

私の母は、顔を朝洗う時、ソープや洗顔フォーム(ス

私の母は、顔を朝洗う時、ソープや洗顔フォーム(スポーツをする時には、正しい姿勢を身に付けることが肝心でしょう)を用いません。
母は顔を洗う時には水だけで洗います。母は、洗顔フォーム(スポーツをする時には、正しい姿勢を身に付けることが肝心でしょう)を使って顔を洗うと、せっかくの皮脂成分が全部落ちてしまってお肌の健康に良くないから水だけでいいと、石鹸不用説をよく教えてくれます。そんな母はですが、65歳という年齢を感じさせずピカピカしています。

最近、幅広い世代の人と会う機会が増えてわかってきたことがあります。



例えば肌がふわっと弾力のあるときは、小皺ができるのが遅いということです。
ただ、恵まれた肌質だと思って放置していると、柔肌も硬く変わってしまうので、放置してはいけません。私の場合は、話題の炭酸パック(既成品のほう)をしはじめたんです。肌の柔軟効果が実感できるようになったあたりでいつのまにか、くすみ・シワ・たるみが目立たなくなりました。

もしかすると首もやっておいたほうがシワが消せたのかも。今はお風呂で炭酸パックをしています。

人はそれぞれで肌質は異なっています。
普通肌、乾燥肌、敏感肌など、多種色々な肌質がありますが、とり所以、敏感肌の人は、スキンケア商品ならなんでもマッチする所以ではありません。


万が一、敏感肌用ではないスキンケア商品でお手入れしてしまうと、肌に負荷をかけてしまうこともあるので、注意しましょう。
シワがどうしてできるのかというと、原因としてはまず、乾燥が一番であることはよく言われているようです。
エアコンの風にあたっていたり運動時に流した汗が、肌の保湿成分も共に流してしまった時などは特に注意をした方が良いですね。
肌の乾燥を防ぎたいのなら、とにかくまめな保湿を心がけることが大切だとされています。


スプレータイプの化粧水はその点手軽で便利です。


どこでも取り出してシュッとひと吹きできます。



それから、汗を流した時は皮膚のバリアがなくなっていますので、しっかり保湿をします。例えば、同じくらいの紫外線を浴びたとしても、その結果、肌にできてしまうシミは人によってそれぞれちがいが見られます。それはつまり、紫外線がシミになりやすい肌があるのです。


具体的に申しますと、白くてきめの細かい肌質の事です。


どう見分ければいいかというと、夏場など、日焼けした時に黒く残らずに赤くなる人がそのタイプだといえます。



美しい肌はデリケートですから、注意が必要でしょう。老化を防ぐならコラーゲンを取り込む事がとても大切な事だと思います。



コラーゲンは皮膚のハリやツヤを出現してくれます。


未成年の時のような綺麗な肌と為すには、コラーゲンが無くてはなりません。


コラーゲンが多量に入っている食物やサプリメントで補給するのがエフェクティブなようです。


ニキビが発生すると良くなってもにきびの跡に悩向ことが結構あります。

気になってしまうニキビ跡を抹消するには、赤く炎症を起こしているニキビの跡にはビタミンC配合の美容液や化粧水で、色素が既に沈着のニキビの跡にはピーリングをすることが一番効きます。
年齢は自覚していたけれど、お肌を見たときにシミができていると心が沈みますね。けれど、シミはその形状や気になる部分はどこか、といったことで、分類することが可能ですので、シミに合った市販のお薬を探してみたり、病院で薬を出してもらうのもいいかもしれません。市販薬やクリニックの調合薬が万能な所以ではありませんので、どうしてもシミが消えないといった時には、レーザー治療を施すことも考えてみてください。ベースとなる化粧品を使用する順番は個人差があると思います。
私は通常、化粧水、美容液、乳液の順位で使いますが、出だしに美容液を使用するという人物もいます。実際、どの手たてが一番自分の皮膚に合っているお手入れ方法なのかは現実に試してみないと理解できないのではないでしょうか。「ポリフェノール」は美肌効果を持たらす成分として、注目されています。



なんといっても、その最大の武器は「抗酸化作用」なのです。



体にとってはあまりよくない活性酸素の働きを抑制して、紫外線トラブルを予防したり、元からあるシミも目立たなくしてくれます。


こんな文句なしの効果があるポリフェノール。それ自体は素晴らしいのですが、残念ながら、体に蓄積されにくいために効果は3時間から4時間しかないのです。美肌への第一歩としては、こまめな摂取をするということになります。
Copyright (C) 2014 年齢肌とスキンケア All Rights Reserved.